◆印刷
◆Print
共通教育科目 Studies in Liberal Arts and Sciences > 自由履修科目 Elective Courses
授業科目名[英文名] / 
Course Title
ファシリテーション入門−協同の学びを促す技法−[Introduction to Facilitation]  
担当教員名[ローマ字表記] / 
Instructor
杉森 公一 [SUGIMORI, Kimikazu]、 志村 恵 [SHIMURA, Megumi]、河内 真美 [KAWACHI, Mami]
科目ナンバー / 
Numbering Code
ELEC1117B  科目ナンバリングとは
Course Numbering Systems
時間割番号 / 
Course Number
70204.02  科目区分 / 
Category
 
講義形態 / 
Lecture Form
講義  対象学生 / 
Assigned Year
全学生  
適正人数 / 
Class Size
30   開講学期 / 
Semester
後期後半
Quarter4  
曜日・時限 / 
Day ・Period
金曜・4限
Friday・4th Period
 
単位数 / 
Credit
キーワード / 
Keywords
ファシリテーション、場づくり、大学教育、学習支援

Facilitation, Atmosphere creation, University education, Learning support  
「共通教育科目」の時間割番号は、平成17年度以前入学者は頭の数字を「7」ではなく「9」として履修登録してください。
授業の主題 / Topic
近年、地域社会、企業などの職場、学校などさまざまな場において、参加者や学習者自身が関わり話しあいながら、互いに学びあうことを通して問題を解決したり何かを創りだしたりして行くという活動が求められることが多くなっている。このような参加者・学習者主体の活動が円滑かつ効果なものとなるよう促すのがファシリテーションである。「ファシリテーション入門」では、ファシリテーションの心構えや技法をワークショップ形式で学びながら、特に大学での学習におけるファシリテーションについて考えていく。

Nowadays, there are many occasions at communities, workplaces and schools, where members or students are required to solve problems and to create new things by discussing and learning with each other. Facilitation is about encouraging and helping participatory activities to go smoothly and effectively. In this course, "Introduction to Facilitation", students learn the attitudes and skills required for facilitators and discuss topics on facilitation especially for university education.
授業の目標 / Objective
受講生がファシリテーションの心構えと技法、そしてファシリテーションの考え方を基盤にした大学における学習支援を実施する基礎的な能力を身につけることを目標とする。また、受講生自身が授業に関する学習を記録し振り返ることを通して、自分の学びを省察し創る力を育むことをめざす。

This course aims for students to acquire the attitude and skills for facilitation and the basic competence to provide learning support for university students. Also, it aims to nurture the ability of the students to reflect and direct own learning through recording one's learning in the course.
学生の学習目標 / Learning Outcomes
・ファシリテーションの理論や大学教育におけるパラダイム転換について説明できる
・ファシリテーションの心構えと技法について基礎的な知識を身につけ、議論することができる
・ファシリテーションの心構えと技法に基づいて、大学における学習支援を実施することができる
・自らの学習過程や成果について記録し、自分の思考や行動を客観的に振り返ることができる

- To explain the theory of facilitation and the paradigm shift in university education.
- To acquire basic knowledge of and to discuss attitudes and skills for facilitation.
- To provide learning support for university students with attitudes and skills for facilitation.
- To reflect own thoughts and actions objectively, through recording own learning process and outputs.
授業の概要 / Outline
第1回 ファシリテーションとは
第2回 大学教育におけるパラダイム転換
第3回 ファシリテーターとしての心構え
第4回 ファシリテーションのスキル1
第5回 ファシリテーションのスキル2
第6回 学習支援とピア・サポート
第7回 学習支援の実際
第8回 省察的学習とまとめ

各回の授業は、グループや全体での議論などワークショップ形式で実施する。議論等に参加する前提となる課題を各回提示するのでそれらを予習するとともに、各回の授業における自分の行動や思考について振り返り記録することを復習として求める。

Week 1: What is facilitation?
Week 2: Paradigm shift in university education
Week 3: Attitudes for facilitation
Week 4: Facilitation skills (1)
Week 5: Facilitation skills (2)
Week 6: Learning support and peer support
Week 7: Learning support in practice
Week 8: Reflective learning

Every class is organized in the workshop style, including group discussions. In order to participate in discussions or group activities, students need to complete assignments before coming to class. Also, students are required to reflect and record their own actions and thoughts in learning portfolios after every class.

評価の方法 / Grading Method
※成績評価
 Performance rating:
次項の項目及び割合で総合評価し、次のとおり判定する。
  「S(達成度90%〜100%)」、「A(同80%〜90%未満)」、
「B(同70%〜80%未満)」、「C(同60%〜70%未満)」を合格とし、
「不可(同60%未満)」を不合格とする。(標準評価方法)
  Grade will be decided holistically as below, based on the following terms/rates.
  「S(Academic achievement 90%〜100%)」,「A(over80%, less than90%)」,
「B(over 70%, less than80%)」, and「C(over60%, less than70%)」 are indicators of passing,
「不可(less than 60%)」is an indicator of failure.(Standard rating method)

 
評価の割合 / Grading Rate
授業には、3分の2以上の出席を必要とする。/Attendance to at least two-thirds of classes is required.
ミニッツペーパー /Minute paper 10%
小レポート /Assignment 20%
グループワーク /Group work 20%
学習ポートフォリオ /Learning portfolio 50%
テキスト・教材・参考書等 / Teaching Materials
●図書館検索ページへのリンク / The search page on the website of Kanazawa Univ. Library

授業内で適宜、紹介する。

We will provide information on references in class.

その他履修上の注意事項や学習上の助言 / Others
・授業における議論等への積極的な参加が求められます。他の学生や教員と意見を交わすことを楽しむとともに大事にしてください。

・この授業の単位修得は、アクティブ・ラーニング・アドバイザー(ALA)として学修支援活動を行ううえで必要な研修を受講したものとみなされます。

- Students are required to participate actively in discussions and group works. Please enjoy and attach importance to exchanging opinions with other students and instructors.

- Completing this course satisfies the required pre-training for Active Learning Advisors.
オフィスアワー等(学生からの質問への対応方法等) / Consultation Time
共同担当の授業のため、授業時間中のミニッツペーパーによる質問以外はポータルにおけるメッセージを基本とします。コーディネーターの杉森は、原則としてすべての授業に陪席し、授業時間前後における口頭による質問を受け付けます。


受講者数調整の方法 / Method for adjusting class size
特になし/None
開放科目 / Subject of open
特記事項 / Special note
 
×閉じる
×Close